「新型コロナウイルス感染症の治療で本命とされる『抗体医薬』が実用化段階に入った。」

ワクチンではなく、治療薬ができているというのは、嬉しいですね。

記事です。

「新型コロナウイルス感染症の治療で本命とされる『抗体医薬』が実用化段階に入った。」

「米社が開発中の新薬が相次いで米国内で条件付きで使用できるようになった。現在の治療薬の多くは他の病気向けの転用だが、抗体医薬は新型コロナの特化薬だ。近く一部接種が始まる見通しのワクチンとともに、コロナ克服への道を開く可能性がある。」

「治験の暫定結果では、入院していない軽症から中程度の患者の体内のウイルス量が低下した。FDAは声明で、『入院や救急治療の減少が示された』と指摘した。」

「FDAはすでに、今月上旬に米製薬大手のイーライ・リリーの抗体医薬『バムラニビマブ』にも緊急使用許可を出した。同社の第2段階の治験では、投与した患者のうち入院や集中治療室(ICU)での治療が必要となったのは1.6%で、重症化を抑えた。」

 

日本でも、日本の大手製薬メーカーなどが「免疫グロブリン製剤」を中心に開発しています。10月から国内外での最終治験が始まっており、早ければ年内にも治験結果がまとまる予定だ。
「武田の免疫グロブリンは『天然の予防抗体』といわれ、新型コロナから回復した患者の血液中の抗体の集まりだ。リリーやリジェネロンの抗体医薬が人工的に設計されたのに対し、免疫グロブリンは患者の体内にあったもので、効果も高いとされる。量産もしやすい。」

頑張れニッポン!

 

ワクチン、治療薬が、2021年春に揃うといいですね。

そうなると、2021年は明るい年になるけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 何か、あれば、メールしてみて下さい。ホント、いろんな話しが来ます。 大事なことは、邪念を棄てて、真…
  2. お陰様で、WJUFSは第1期を終わり、納税をする法人として決算することができました。 昨日、納税額…
  3. 記事です。 「旭川赤十字病院長は、 『現状は非常に落ち着いている。これだけ静かでいいものかなと』 …
  4. 記事です。 「政府は、新型コロナウイルス患者用の病床を確保するため、感染症法を改正し、行政が病院な…
  5. こうなるといいですね。期待したいですね。 記事です。 「ワクチン接種が世界最速のペースで進むイス…
  6. 今、提案書を作っています。 内容は、法人のあり様を2040年モデル仕様に変えるコンサルティングです…

ピックアップ記事

  1. WJUのお客様向けに、令和3年の介護報酬改定の研修を行います。 今年は、お客様の事業所に伺って、「…
  2. このブログをお読みの皆さん、ご自分の法人が、令和3年の介護報酬改定で、幾らプラスになるか、幾らマイナ…
  3. このブログをご覧の皆さん、「千葉県 社会福祉法人清和園」で、ネット検索して下さい。 WJUICTネ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る