「ICTの準備をお勧めします。」← あまりに知識不足で意味が分からない法人さんが多いのです。

「ICTの準備をお勧めします。」。この意味を3月7日のHMSセミナーでは、分かりやすくご説明します。

WJUICTネットワークは、① 貴法人の ICTネットワーク最適化のコンサルティング、② 競争に勝つ、地域情報連携システムの構築、③ コスト削減、人員配置を適正化する ICT活用、④ 医療・介護のシームレス ICT、IoT の構築、⑤ ICTとAI 連携システム構築、をお客様にご提供します。

 

未来投資会議より

「全国に約250の地域医療連携ネットワーク(EHR)が存在するが、多くは一方向の情報閲覧であること、運用コストが大きいこと等から、参加施設及び患者の参加率が低く、活用が十分進んでいない。」

「全国的な保健医療ネットワークを整備し、医療関係者等が円滑に患者情報を共有できるサービスや、医療的ケア児 (者)等の救急時や予想外の災害、事故に遭遇した際に、医療関係者が、迅速に必要な患者情報を共有できる サー ビスの提供を目指す。」

要するに、補助金で、地域医療連携ネットワーク(EHR)は作ったものの使えていないのが現実です。補助金(ただでできる)事業の一番悪いところが出ています。なぜ、使えないかというと、あまりにいろいろなシステム仕様が存在し、互換性が無く、変換プログラムが高額で、使っていないのです。

 

なんで、WJUICTネットワークの仕組みは、「仲良し前方連携・後方連携ネットワーク」を作り、入退院情報・カルテ・治療・容態履歴を関係者で共有できるようにしています。← 既存のシステムもできるというのですが、これが、実際にはなかなか難しいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。…
  2. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
  3. 「いい、ここの法人さんは、周回遅れなの、だから、まだ攻めに転じられないからね。」 「管理会計を使っ…
  4. 今日、仕事に行った法人さんの会議室に額に入ってかけられていました。 これ、私の聖書です。私の「マイ…
  5. 攻めの検査をするようになり、数字から、もみ合いに入ったのが分かります。「数字を見続けることの大事さを…
  6. 今日、土地の活用で福祉施設を作るためのうち合わせが終わり、駅まで送っていただく時、車の中で、教えてい…

ピックアップ記事

  1. 朝は、何はともあれ、スタバに行ってコーヒーを飲みます。 なぜ? 落ち着くからです。 …
  2. 参考になれば。 報告から 報告者は、法人に対し、出来るだけ早い「法人経営スタイル…
  3. そこに大義がないと、絶対に、出来ない仕事なんです。 そこに大義がなければ、絶対に、絶対に経営者を説…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る