レジメを作っていて、改めて、「ああ、間違ってはいない。頑張ろう。」と心あらたにしました。

これから始まる、医療法人向けセミナーのレジメをまとめて作成しています。作っていて、改めて、「ああ、間違ってはいなかったんだよな〜。」分かっていたことではあります。そして、「だから、医療法人から声がかかることが多くなったのだな。」と。「頑張らないといけない。医療法人さんでWJUを必要とする人は多いはず。」と思いました。

お話しするのは、「これから、医療法人に必要なことは、6つのトレンドの変化への対応です。2018年改定でもお分かりになるはずです。」

「もう、国は助けてはくれません。自治体も議会も、もう、補正予算を期末対策でつけてくれるという時代は終わります。」

「これから、経営企画室、ICT・IoT、管理会計、ファシリティマネジメント、人事制度、そして、できれば介護事業の標準装備と障がい者事業への進出です。始めるのは、中核職員研修からですね」← WJUがやってきたこと、これからやろうとしていることは間違っていなかった、と妙に感心してしまいました。

ちなみに、6つのトレンドの変化とは何か?、が知りたいということであれば、3月15日のHMSセミナーに来てください。しっかりご説明するとともに、医療・介護・障がいの報酬改定の読み解きかたと調べかたをご説明しますので。結構、バリューだと思いますが。

 

医療法人の経営者であれば、みなさんご存じのはずですが、もう、新規に病院か病棟を作るのは、非営利しか認められないのです。

医療は、総量規制だけではなく、政策的規制も始まっているのです。この2つの規制で、ますます、追い詰められてゆく医療法人さんが出るはずです。

社会福祉法人の経営者の方は、いつも言っていることですが、「医療で起こることは介護でも起こります。もちろん、障がいでも。ちなみに、札幌以外の地域では、障がい者のGHでさえ、もう、事前協議です。」。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今日は、中核職員研修の残り2回の法人さんです。来月が、理事長と理事のみなさんの前で御前試合です。理事…
  2. 日本がコロンビアに勝ちました。世の中は神の手によって導かれるかのごとく、人間の予想を超えて物事が起こ…
  3. 日本電産の永守さんが大学の理事長になり、「日本で3本の指に入る大学を作る!」と言われているそうです。…
  4. セミナーの内容 1 政策のメインストリームと方向性を理解する。 2 地域を知る。 3 経営環境…
  5. 病院の収支が分からないのは当たり前。 委託、仕入れ、設備関係の契約書があるのかないのか分からない。…
  6. HMSエリートでは、従来、3,4回のマーケティング・マッピング・ポジショニングでは、「絶対評価の優位…

ピックアップ記事

  1. 初めての奄美です。どんなところかは、土砂降りなもんで、あんまり良く分かりませんでした。でも、楽しかっ…
  2. 「野球は一球ごとに監督がサイン出すものね。こうしろ、みたいな。でも、サッカーは止まってないからね、監…
  3. 今日の宿題は以下です。 Q1:法人の風土(カルチャー)が起因となっている問題を整理してください。そ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る