6月16日のレジメから。「目的、目標、戦略、戦術。」

と、ここまでは、みんな知っている話です。

そして、ここまでは、さまざまなセミナーで行っている内容です。

例えば、診療報酬は、中林さん、酒井さん、工藤さんが教えてくれます。

アウトカム評価のデイ・デイケアは、小室さん、三好さんが教えてくれます。

小規模多機能のことは、榊原さんが教えてくれます。

 

医療・介護の政策は、統合・合併という文字が関係書類で踊っています。しかし、統合・合併は問題の解決にはなりません。

2040年は、その街にフィットするビジネスモデル(医療・介護・障がい・制度から落ちた人たち)をどのようにつくるかです。そこでの自法人のポジショニングを考えるということです。

 

そして、今日は、複雑化する医療法人経営、社会福祉法人経営、株式会社経営を考え、25年を見据え、40年までを展望する、医療、介護、障がい事業者に求められる経営の姿を考えたいと思います。

 

目的は、40年に法人を残すことです。

目標は、自法人が40年に生き残るための「成功の方程式を作り」その問題を解くことができる法人になるためにどうするか。

そのためには、戦略は、3つです。

.  強い、財務・会計を身につける。

.  職員が成功のセオリーを理解して勝ち切る。

.  多事業、多職員、多職種、多事業所のマネジメントできる。

そして、それぞれには、明確は戦術が必要です。

 

皆さんの経営の助けになれば幸いです。

よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。…
  2. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
  3. 「いい、ここの法人さんは、周回遅れなの、だから、まだ攻めに転じられないからね。」 「管理会計を使っ…
  4. 今日、仕事に行った法人さんの会議室に額に入ってかけられていました。 これ、私の聖書です。私の「マイ…
  5. 攻めの検査をするようになり、数字から、もみ合いに入ったのが分かります。「数字を見続けることの大事さを…
  6. 今日、土地の活用で福祉施設を作るためのうち合わせが終わり、駅まで送っていただく時、車の中で、教えてい…

ピックアップ記事

  1. 朝は、何はともあれ、スタバに行ってコーヒーを飲みます。 なぜ? 落ち着くからです。 …
  2. 参考になれば。 報告から 報告者は、法人に対し、出来るだけ早い「法人経営スタイル…
  3. そこに大義がないと、絶対に、出来ない仕事なんです。 そこに大義がなければ、絶対に、絶対に経営者を説…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る