結論です。「お互い、わかり合うのは無理です。お互い、認め合えるかです。」

今、経営者は、ブレずに、いろいろと徹底するようにしていることでしょう。

現場は、職員さんが集まらなくて、四苦八苦している管理職がいることでしょう。(まあ、副産物で、人件費が減って、収入は大きく減らず、逆に利益が増えることでしょう。人員基準の縛りがなくなっているので。)

デイサービスは稼働が落ち、訪問は増えているかもしれません。訪問も、積極的に行きたがらず、バタバタしているでしょう。

一般職の人たちは、日々の生活が、非日常なので、ストレスが溜まっていることでしょう。子供さんが家にいて仕事に行くのもままならずとか。

 

経営者、管理職、一般職、結論です。「お互い、わかり合うのは無理です。お互い、認め合えるかです。」

例えば、経営者は、「見えているものも、見ているものも違うのです。」。

それぞれに立場があり、ビジョンがあります。

ではどうしたらいいか、相手を信頼して、敬意を持てるかが大事です。

 

WJUの職員で、私が大きな声を出しているのを聞いた人はいないと思いますし、怒っているところを見ることも多くはないはずです。

私は、分かり合うのは無理と冷めているから。

よくあるでしょう、マウントを取りたがる人ね。これ、違うでしょう。

お互い、半々で、相手に敬意があれば、「まず、話をしよう。」ということになるでしょう。

 

これは、国際政治でも言えるでしょう。今、隣の国との関係は、もう、お互い聞く耳を持たないでしょう。

中国と米国は、新型コロナウィルスは、どこが原因かでお互い非難の応酬をしているでしょう。

 

では、現場で相手を認めない人がいる場合はどうするか?

現状を評価して、教育・研修して、また評価して、また研修する。

結果、ダメであれば、交代です。← これは、経営者しかできません。

だって、プロとして働いているわけで。遊びじゃないわけでね、仕事である以上。

ただし、この、現状を評価して、教育・研修して、また評価して、また研修する。を経ないといけません。

それを「困った。どうしようどうしよう。」で終始するのは組織を腐らせて行きます。

 

と、いうことです。

頑張ってください。

注意:この話と画像には、一切の関連はありません。

単に、認め合うというか、信頼関係があるというイメージです(笑)。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 障がいのある人たちのために働くということは、この覚悟がいることを知っていただきたく、メールをいただい…
  2. 日本政策金融公庫は、3/17、中小企業・小規模事業者を対象に、特別貸し付けを無担保で行う融資制度を開…
  3. 世の中に「あれ以来、変わったよね。」と言われることがあります。今回の新型コロナウィルスは、そういう歴…
  4. 今、経営者は、ブレずに、いろいろと徹底するようにしていることでしょう。 現場は、職員さんが集まらな…
  5. 私が毎日見ているものがあります。 厚労省発表です。 国内と国外の2つ。 3月1…
  6. みなさん、今、戦いの真っ最中かと思います。 でも、役割分担も忘れないで下さい。 …

ピックアップ記事

  1. HMSエリート、第9期最終日です。 今日は、テレビ会議で、4法人の参加者と簡単なご挨拶をさせていた…
  2. 第9期は、今日で終了としました。明日、テレビ会議システムで何人かの事業計画を確認します。あとは、後日…
  3. 今日は、午後、ある法人さんの保育所の園長さん4人+本部の方とテレビ会議です。 「みなさんは、私が、…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る