そこから、考えを変えていかないといけませんね。全ては、物の見方と考え方の問題です。

貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。

 

報告書から

法人は、成長を標榜する攻めの戦略を展開していると同時に、利益が上げ切れない風土(カルチャー)のジレンマを映し出したような貸借対照表に見える。

法人は、業の特性上、事業を行う上での「箱」が必要であるため、成長=インフラ整備を欠かすことが出来ない。この成長戦略について、法人は、その原資を金融機関からの資金調達で賄っている。また、運転資金についても、短期借入金を金融機関から行っている。

しかし、この、「成長戦略の実行=金融機関からの調達すると言う戦略」は、早晩、限界を迎えるものと考える。法人は、この貸借対照表から「成長戦略の実行=利益体質を持った風土への改革」を考えることが必須と考える。

 

「資金が足りないのは、新規出店を繰り返しているため。」とか「利益が少ないのは、新規出店を繰り返しているため。」などと言います。

しかし、新規出店を繰り返しているから資金が足りないのは、利益をあげ切れていないためです。

そこから、考えを変えていかないといけませんね。

全ては、物の見方と考え方の問題です。

 

ちなみに、ここの法人さんは、従前の習慣に囚われない改革が必要ですね。

しっかり、ご理解いただこうと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 私、今年、過労で倒れていません。また、一度も、高熱を出して寝込んでいません。今日も、体は熱っぽい感じ…
  2. 今日は、有床診療所の跡地利用で、現地に行っていろいろと打ち合わせする予定でした。 しかし、別のコン…
  3. WJUのスタッフに送ったメールです。 我々も、クライアントさんのご期待に応えるため、土日関係なく、…
  4. 昨日のこれ、「何言っているわけ?」と思われたかと思います。 ↓ 8,056事業所 と 6,275…
  5. このような環境の中でも20人の皆さんに集まっていただいています。 管理会計です。 デイサービスは…
  6. 全国の介護施設でクラスターが出始めています。 と、言うことで、いよいよ勝負の時が来たようです。 …

ピックアップ記事

  1. WJUのスタッフに送ったメールです。 我々も、クライアントさんのご期待に応えるため、土日関係なく、…
  2. 今日もコロナで難しい時期ではありますが、法人さんのみなさん30人に集まっていただいています。 「こ…
  3. 今日は、朝から、面と向かってキツい話です。 「ここは、絶対に、大丈夫だから。職員の皆さんに伝えて下…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る