ワクチン接種は夏の終わりまでには、全員に届きますかね。

記事です。

「日本政府は、米製薬大手ファイザー、米バイオテクノロジー企業モデルナ、英製薬大手アストラゼネカの3社から新型コロナウイルスのワクチン計2億9千万回分(接種は1人2回)の供給を受けることで合意。供給が順調に進めば全国民分を確保できる計算だ。」

「このうちファイザーは昨年12月に厚生労働省に薬事承認を申請。6月末までに1億2千万回分の供給を受ける予定だ。政府は安全性や有効性などの審査を迅速に行い、年度内の接種開始を目指す。モデルナからは今年上半期に4千万回分、7~9月に1千万回分の供給を受ける。アストラゼネカとは今年初頭から1億2千万回分の供給を受け、うち3千万回分は3月までの供給で基本合意している。」

「ファイザーやモデルナが開発したワクチンはウイルスの遺伝情報(タンパク質の設計図)を伝える「mRNA」という物質を人工的に作って投与する新しいタイプ。投与すると体内でウイルスの一部を構成するタンパク質ができるため、これに免疫が働き、抗体ができる。万が一、ウイルスが大きく変異しても、遺伝情報を使ったワクチンであれば、培養などのプロセスが必要な従来のワクチンより短時間で新ワクチンを製造できる。」

「米製薬大手ファイザーのワクチンが早ければ2月にも承認の可否が決まるのを念頭に、厚生労働省は工程表を策定。コロナ患者に対応する医療従事者を最優先に、同月下旬にも接種を始め、次いで高齢者、基礎疾患のある人や高齢者施設職員の順で進めていく。」

「工程表ではまず、同意を得られた医療従事者約1万人に接種してもらい、体調の変化を確認する安全性調査を実施。このための体制を2月下旬~3月上旬に整える。その後、同月中旬にはコロナ患者の診療、搬送に関わる医師や看護師、救急隊員、保健所職員ら約400万人への接種開始を目指す。」

「重症化リスクが高いことから、優先順位2番目とされた65歳以上の高齢者は約3600万人を見込んでいる。基礎疾患のある人は優先順位3番目。呼吸器や心臓の慢性疾患、糖尿病など13種の疾患・症状と肥満が対象となっており、約820万人が該当する。高齢者施設などで高齢の入所者に接する職員ら約200万人についても、優先順位3番目に位置付けている。」

「高齢者への接種は3月下旬~4月上旬をめどに準備を整え、基礎疾患のある人、施設職員らは4月以降にずれ込む。もし、ワクチンの供給量が十分なら、60~64歳の約750万人も3番目の優先対象に加える予定だ。それ以外の一般の人の接種時期は、他のワクチンの開発状況などにも左右されるため、現時点では見通せないという。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 何か、あれば、メールしてみて下さい。ホント、いろんな話しが来ます。 大事なことは、邪念を棄てて、真…
  2. お陰様で、WJUFSは第1期を終わり、納税をする法人として決算することができました。 昨日、納税額…
  3. 記事です。 「旭川赤十字病院長は、 『現状は非常に落ち着いている。これだけ静かでいいものかなと』 …
  4. 記事です。 「政府は、新型コロナウイルス患者用の病床を確保するため、感染症法を改正し、行政が病院な…
  5. こうなるといいですね。期待したいですね。 記事です。 「ワクチン接種が世界最速のペースで進むイス…
  6. 今、提案書を作っています。 内容は、法人のあり様を2040年モデル仕様に変えるコンサルティングです…

ピックアップ記事

  1. WJUのお客様向けに、令和3年の介護報酬改定の研修を行います。 今年は、お客様の事業所に伺って、「…
  2. このブログをお読みの皆さん、ご自分の法人が、令和3年の介護報酬改定で、幾らプラスになるか、幾らマイナ…
  3. このブログをご覧の皆さん、「千葉県 社会福祉法人清和園」で、ネット検索して下さい。 WJUICTネ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る