カテゴリー:Blog

  • 本日、ご参加の皆さんへ

    今日は、帰るまでに、法人の決算書が理解できるようになっていただきます。 以下をポイントにしてお話しします。 1 決算書には、資産の部、負債の部、純資産の部に分かれています。 2 総資産 3 自己資本比率 4 流動比率 そして、皆さんには、管理会計の基本をご理解いただきます…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • だから、社長やめた途端、余生を楽しむ間(ま)も無く、棺桶に入るわけでして、、、← 表現が不適切でしょうか、すみません。

    調査では、社長さんたちが引退を希望している年齢が65歳なんですが、実際は68歳が引退年齢だそうです。 また、別の調査によると、企業経営者の中心年齢は2015年の時点で66歳だそうです。まあ、日本の経営者の平均年齢がそのまま日本の経済の停滞になっていることが見て取れますが、、、 が、しかし、なんと…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日の午前中は、コスト削減です。

    人件費、事業費、事務費を丹念に一つずつ、分析して行きます。 「しがらみを断てない。」 「申し送りで、疑いもせず継続している。」 「無駄なもの。」 「価格交渉していない。」 これで、数百万円から、時には、数千万円になるものです。 人件費以外で、支出の大きなものは、3つ。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日も、改めて、法人は経営者次第、一人の経営者でこうも違うかと思いました。

    優秀な経営者の方でした。小さな病院から、大きな投資を繰り返し、ご自分の代で約20倍の規模にされた方です。経営を引き継いだ時が職員40人。今が700人だそうです。そして、職員が辞めません。700人にて10%を超えない離職率だそうです。 今から、20年前、山を崩して平らにして、老健を作ったんですが、老…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大学改革が始まります。将来の医療・福祉もそんな感じで、、

    国立大学が、複数の大学を同時に経営できる法律が進んでいます。 国立大学法人法の改正が閣議決定しました。同時に、私立大学法人法の改定も閣議決定しました。 医療法人や社会福祉法人で、小さな法人が大きな法人に経営を委託することができるような法律ができることもあるかもしれません。 でも…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日は、医療法人さんで、働き方改革と同一労働同一賃金対策とコンサルティングのネタを探しました。

    経営者の方にお話をお聴きし、2つのチームに分かれて、コンサルティングのネタを探しました。 一つは、WJU社労士法人の社労士2人が、人事部の関係者の方々と、働き方改革と同一労働同一賃金対策。もう一つは、私が、病院、老健、サ高住、有老、デイケア、デイサービスをまわりました。 職員さん…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • そして、そこには、日本人がいる。これが、日本の最大の強みです。

    日本人は日本が持つ潜在能力が分かっていないところがあると思っています。日本は、必ず、観光大国になります。私、保証します。 日本人そのものが観光資源です、日本の場合。 今、広島駅にいます。ここの来ると、外国人の多さに驚きます。しかも、アジアや東南アジアだけではなく、広島にいると、ア…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • どうも、やっぱり、1月27日が良かった様でして。

    どうも、やっぱり、1月27日が良かった様でして、4月に、また、パネラーで呼んでいただけそうです。まあ、要するに、ひな壇芸人ですね、いわゆる。ケンコバってとこでしょうかね。 司会者の意図を汲みながら、出すぎず出なさすぎず、爪あとは残す。また、末席なんで、気が楽です。ご挨拶は、「HMS…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2日前に、「いいことと悪いことは同じ量で起こる。」と書いたばかりで、、、、

    池江さんのニュースには、多くの人が、ただただ驚いたことでしょうし、私も、本当に驚きました。2日前(2019年2月10日)に、「いいことと悪いことは同じ量で起こる。」という話を書いたばかりなんで。 神様は、いつも、私たちを試すだけです。「で、君はどうするの?」と。ここから、人は分かれ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「入るものを最大」にして、「出て行くものを最小」にする作業です。そして、入るものを最大にして、出て行くものを最小にするを「常態化」することです。

    介護事業をしている株式会社さんから資料が届きました。 今日から、株式会社さんのコンサルのために、決算書と各事業の損益計算書とにらめっこです。 何がなんでも、良い会社になっていただかなければなりません。 まずやることは、「入るものを最大」にして、「出て行くものを最小」にする作業です。これを可視化…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る