講師プロフィール

本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

<プロフィール>
外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネジャーを15年。大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。現在はウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

社会福祉法人、医療法人、民間介護事業者に対する、経営企画室(本部機能)立上げ支援、経営者育成支援(エリート教育)、事業計画策定支援、収支改善、人事考課制度・キャリアパス構築支援、階層別職員研修、新規事業開発支援のコンサルティング業務を通して、医療・介護の2025年モデル対応から個別事業の収支改善や人材育成、事業者間の統合・合併まで支援を行い、現在全国約20法人においてコンサルティング実務を実施中。

<社会福祉関係の主な研修講師実績>
青森県老施協、秋田県経営協、宮城県経営協、群馬県老施協、静岡県東部経営協、山梨県社協、愛知県経営協、三重県老施協、和歌県老施協、徳島県経営協、鳥取県社協、山口県経営協、鹿児島県経営協、沖縄県社協。
その他社会福祉法人、医療法人、民間団体にて法人施設研修(日本再生人材育成支援事業対象研修等)やセミナー講演多数

本間 秀司が関連する記事一覧

  • 今日は札幌です。

    今日は札幌で、本間は会計士監査の営業で社会福祉法人に。谷本はあいおいセミナーの講師を。 会計士監査の規模が決まっていないこと。ガイドラインが出ていないこと。この2つのことからコンサルティングの計画が立てられず、お客…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • HMSさんのメルマガにメッセージをということで

    「Visonと戦略」をご購読の皆様、HMSでセミナー講師を務めています本間です。 本日は、改正社会福祉法対応、改正医療法対応のために必要な 「経営管理マネジメントシステム」を学ぶ事ができる、 管理会計6日間コースの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 昨日は信濃で4法人さん合同研修会の講師でした。

    4法人さんの合同ということは、4人の経営者の方がいて、他に法人を支える幹部の方たちがいました。 今回の改正社会福祉法がいかに大きな変更であったか。これから何が起こるのか。では、法人はどうしたらいいか。できるだけ分か…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 東北の日本海側にある小さな町の法人さん、生き残りの第一歩は中核職員研修から。

    管理会計で、法人の全事業所に、減価償却と厨房に関わるの年間の支出と本部費用をみんなで割り振りました。みんなが驚いていたのは厨房に関わる費用が年間8000万円にものぼっていること。減価償却分を家賃と考えると高額な家賃になる…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日のHMSエリートコースの内容がHMSさんのメルマガに載りました。

    皆様、こんにちは。 本日は、「エリート養成講座」の受講生の法人の経営トップの方お二人が、 講座の見学に来られました。 グループごとに行われる受講生の活発な意見交換や その後の発表、また、それに対する先生方…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日のエリートに、ある法人さんの理事長の授業参観がありました。

    自法人の財務三表と隣のライバルの法人の財務三表の比較をしている時に、今回のエリートに参加されている法人の理事長ご夫婦がお忍びで事業参観においでになりました。参加されている職員の方は緊張の面持ちでした。テーブルごとに発表者…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • エリートコースにご参加のみなさん、追加です。

    自己資本比率が高いってどういうこと? 自己資本って純資産です。純資産と資産は違います。貸借対照表の資産の部は見せかけの財産です。負債の部って、これから払らうって約束したお金のすべてを計算したものです。 純資産…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • HMSエリート前半最大の難関、自社の財務諸表の評価です。

    本日はHMSエリートの前半の山場である、財務諸表の読み方と評価です。2つの対照的な法人の財務3表を比べ、財務諸表の読みからと経営戦略の面からの評価を学びました。一つの法人は事業高25億円で内部留保50億円。もう一つの法人…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日2件目は播州です。

    いよいよ社会福祉法人は会計士監査の監査法人を決めなければなりません。 経費として監査料を毎年計上するほど残念なことはありません。内部統制規定から独自の内部統制を構築し投資にするつもりで取り組んでいただきたいものです…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • バスは貸切、地方の人口減少は現実に、、。このような街で法人は生き残りを賭けるのです。

    山口の法人さんにお伺いするため夕方の便で羽田から山口宇部空港に飛び、空港リムジンで湯田温泉に向かいました。 なんと、大きなバスでお客さんは私一人でした。夕方の便なのでもっと乗っていてもいいよなって思いました。バスに…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る